見出し画像

【衝撃の生酒です。超プレミアム酒の「天雨」が数量限定で販売開始!】販売リンクあり

「天から注ぐ美しい雨」のように繊細でフレッシュな極上の生酒「天雨」を紹介します。製造元は日本酒最大のWebメディア「SAKETIMES」の運営元であるClearです。
今回紹介する「SAKE HUNDRED」の新商品「天雨」は2021年3月10日より事前申込みが開始されます!数量限定なので、無くなり次第受付終了になるので、気になる方は以下のリンクから確認ください🍶

Clearのこだわり

Clearは「日本酒の未来をつくる」というコンセプトで、日本酒の未来を創造していきます。日本酒は伝統産業として古来から親しまれていますが、「日本酒離れ」という言葉の通り、需要は年々落ち込んでいます。そこで新規参入企業のClearが、日本酒市場の最前線にたち、「リスクを背負いながら日本酒の未来を切り拓く」ことを目指します。

SAKE HUNDREDとは

Clearが造るSAKE HUNDREDという銘柄は「心を満たし、人生を彩る」ことを目的に、新しい価値を提供します。味覚以外に、飲んでもらう人の心を掴み、心に残る日本酒を目指しています。

「天雨」のコンセプト

天雨は、山形産の雪女神を18%まで磨き、洗礼された旨味・香りを閉じ込めた極上の生酒です。「まるで、一瞬の雨のような」をコンセプトにし、天から降り注ぐ美しく繊細な雨の一瞬を閉じ込めたような一本です。

酒米:雪女神(精米歩合18%)
日本酒度:-2
酸度:1.75
価格:27,500円(720mL)

「天雨」の味わい

香り:アロマティックな香りで、パイナップルマスカットを連想させるような甘みがあります。またミントように清潔感ある爽やかな香りです。
味わい:口に含むと、フレッシュな酸味が広がり、徐々に充実した旨味を感じていきます。味の最後は、ミネラルを感じる適度な苦みで全体を引き締めます。

画像2

おすすめ度の温度

よく冷やして5〜10℃がオススメです。アロマティックな香りと、フレッシュな酸味を思いっきり堪能できます。より酸味を強調したい人は、12〜15℃がぴったりです。

おすすめの料理

しっかりした旨味が特徴の魚介系、少し苦味を感じる野菜・根菜などはおすすめです。

販売リンク

今回は、極上の生酒「天雨」を紹介しました。日本酒の未来をつくる「SAKE HUNDRED」の新商品で、2021年3月10日に予約販売開始となっています。気になる方はぜひ一度チェックしてみてください!

本文の画像、サムネイル画像の引用先:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000034181.html

4