【地酒ファンなら一度は味わってみたい入手困難の1本「よえもん 山田錦 超辛口純米無濾過生原酒」】
見出し画像

【地酒ファンなら一度は味わってみたい入手困難の1本「よえもん 山田錦 超辛口純米無濾過生原酒」】

「酉与右衛門(よえもん)」の造り手は、岩手県花巻市に蔵を置く、大正11年(1922年)創業の川村酒造店。

岩手の地酒といえば、日本三大杜氏の1つ南部杜氏の伝統を受け継いだ「淡麗旨口」のイメージで知られています。ところが、「酉与右衛門」は、酸味が旨味をリードする「味系&熟成系」のお酒。他の地酒にない個性的な味わいが「岩手にこんなお酒があったのか! 」と地酒愛好家を驚かせています。

銘柄全体としての特徴は、多品種少量生産であること。生産量が500石(1石は180リットル)ほどの小さな蔵のため、一度に大量の日本酒を仕込むことができません。それゆえ毎回、異なる個性をもったお酒を少量ずつ生産しています。

画像1

「よえもん 山田錦 超辛口純米無濾過生原酒」の味わい

生原酒ならではの溌溂としたフレッシュさ、口にすると、瓶内で発酵により生じた炭酸が独特の味わいを加えて、若々しいボリュームが感じられるのが特徴。

超辛口だがキリリとシャープな味があり、甘くないトロピカルさ、そして山田錦の膨らみある旨みを兼ね備えた純米原酒です!

岩手の地酒らしからぬ強烈な個性で、広く全国の地酒ファンから注目される理由のわかる1本です!

「よえもん 山田錦 超辛口純米無濾過生原酒」の日本酒データ

酒米:阿波産山田錦(精米歩合70%)
日本酒度:+17.50
酸度:1.80
アルコール度数:15%
価格:1,650円(720 ml)
  :3,300円(1800 ml)

「酉与右衛門(よえもん)」誕生、蔵元のこだわり

冒頭でもお伝えした、川村酒造店は大正11年(1922年)に創業した、来年で100年を数える老舗です。創業者の川村酉与右衛門は、16歳から酒蔵で働き始め、弱冠24歳にして杜氏に就任し、南部杜氏組合の創立にも寄与したという記録が残されています。

「酉与右衛門」は、川村直孝氏が2000年に立ち上げたもの。生まれた背景には、地酒ファンなら知らぬ者がない、2つの個性的な銘柄の存在があったといいます。

周囲の酒蔵が「淡麗旨口」な日本酒を造るなかで、ひとり独自の味を追求し、新たな酒造りの方向性に悩んでいた川村氏、そんなときに出会ったのが、香川の「凱陣」と大阪の「秋鹿」でした。どちらも強烈な個性で地酒ファンの支持を集める銘柄ですが、その生原酒を飲んだ際、既成の枠組みにとらわれない個性的な酒造りに、川村氏は衝撃を受けたそうです。

ダウンロード (3)

川村氏がめざしたのは、食中酒としてじっくり飲んでもらえるお酒。「日本酒に華やかな香りは必要ない」という蔵元の言葉どおり、控えめな香りが心地よく、食中酒にも最適な銘柄「酉与右衛門」が誕生しました。

創業者が酒造りに関わった当初に抱いた「人生修行のために全力で酒造りをしたい」との意志を継承するため、その名をとって命名

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は「よえもん 山田錦 超辛口純米無濾過生原酒」を紹介してきました。少量生産のため入手困難のこの1本は今ならサケアイオンラインストアで購入可能です!ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?


他にもサケアイ独自のオンラインストアでは多数の銘柄を取り揃えております、酒屋の新規出店、銘柄を随時更新しているのでぜひご覧ください!

サケアイオンラインストアはこちら